침술

【鍼灸治療】鍼の太さや痛み、リスクについて

[침술과 목시버스션]두께, 통증, 침술의 위험

静岡県掛川市の整体・鍼灸院「灸Style掛川本院」です。 本日は『鍼』についてのご紹介です。 鍼と聞くと、とても痛そうなイメージを思い浮かべがちですが、 実際に受けた方からは、”思ったより痛くない” ”いつ刺さったのかわからなかった”なんて声もあるんです。 ただ、鍼施術をした事がない方からすると、「実際、鍼治療ってどうなんだろう?」「やっぱり”鍼”を刺すわけだし痛いんじゃない?」「鍼は怖いなぁ」などいろいろな不安がありますよね。 今回は使用する鍼の種類や太さ、鍼の痛みやリスクについてご紹介します♪ 《鍼の種類・太さ》 現在、当院では「ステンレス」の鍼を使用しております。 もちろん、使い捨てです。同じ方でも、必ず毎回新しい鍼を使用します。 鍼を開封する前は滅菌状態になっていますので、感染症などの心配も無く安心して受けて頂くことができます♪ 一般的に鍼施術で用いられている鍼の太さは直径0.14mm~0.18mmの鍼を使う事が多く、施術の内容によっては、髪の毛と同じくらい細い鍼や、髪の毛よりも細い鍼もあります。 お顔に鍼を刺す美容鍼ですと、さらに細く0.10mm~0.12mmの鍼を使用します。 対する注射針の太さは約0.7mm~0.9mmなので、鍼施術に使われる鍼がどれだけ細いのかが想像できますよね。 その為、鍼の施術で体に鍼を刺しても痛みを感じる事がほとんど無いのです。 ただ、鍼の刺激として「響き(ひびき)」と言われる鍼独特の刺激が起こる事もあります。 「ズーン」と感じる響きは痛みとは違い、慣れてくると時には心地よく、気持ち良い刺激として感じる方がたくさんいらっしゃいます。 筋肉が硬いところや、状態が悪いところに鍼を刺すと「響き」が起こる可能性が高くなります。 《痛み・リスクについて》 ~痛み~ 私たち人間の皮膚上には「痛点」という痛みを感じる箇所がたくさんあります。 この痛点に鍼が刺さった場合「チクッ」とした痛みを感じる事があります。 ただ、この痛みにに関しても個人差があって、痛みを感じる人もいれば、全く痛みを感じない方もいます。 特に体が緊張してしまっていると、筋肉が硬くなりやすく、鍼を刺入した際に痛みを感じる事もあるので、 施術の際はリラックスしていただける様に当院でも出来るだけの配慮を行っております。 ~リスク~ 鍼灸治療によって起こり得るリスクは「内出血」です。 内出血とは、皮膚の下で血管が傷つき出血が起こる事です。 皮膚の下には目視では確認できないくらい細い、毛細血管が存在しています。 その毛細血管に鍼が刺さり、皮膚の下で出血が起こると、内出血となります。 毛細血管を目視して避ける事は、ほぼ不可能です。 その為当院では、内出血をしづらい鍼の打ち方や抜き方を心がけております。 万が一内出血ができてしまっても、非常に細い鍼での刺激ですので、 指の先端程の大きさで、お顔であればお化粧で十分隠せる大きさです。 個人差はありますが、2~3週間で自然と治癒し、痕に残る事はありませんのでご安心下さい。 その他ご不安な点がございましたらお気軽にご連絡下さい♪ ↓↓↓ お問い合わせはこちらをクリック ↓↓↓ ━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-       ~新型コロナウイルス対策について~

【鍼施術】鍼の種類や太さ・痛みについての紹介

【 침술 개업 】 침술의 종류와 두께 및 통증에 대 한 소개

#鍼施術#鍼治療#鍼の種類#鍼の太さ#灸Style掛川本院 静岡県掛川市の整体・鍼灸院「灸Style掛川本院」です。 本日は鍼(はり)についてご紹介します♪ 鍼と聞くと痛そうに感じますが、実はそんなに痛くはありません。 むしろ、「あれっ?刺さってる?」と思うくらいです。 元々、鍼の施術は中国が発祥の地ですが、中国の様に太めの鍼を使用するのではなく、日本のはり施術は髪の毛よりも細い鍼を使用し、痛みを極力少なくした日本人向けの鍼となっております。 また、日本の鍼は鍼管(しんかん)という筒状の菅を使って細い鍼を刺入しますので、注射器の様な針とは全く違い、ほとんど痛みを伴いません。 ただ、鍼施術をした事がない方からすると、「実際、鍼治療ってどうなんだろう?」や「やっぱり”鍼”を刺すわけだし痛いんじゃない?」「鍼は怖いなぁ」などいろいろな不安がありますよね。 そこでここでは鍼施術における鍼の種類やその痛みについてご紹介したいと思います。 最後まで読んでいただく事で、今までイメージしていた鍼施術がもっと身近な存在になるかもしれません。 ①:日本の鍼施術について 日本の鍼施術は江戸時代に中国から伝わっていた鍼を杉山和一(スギヤマワイチ)という方が発明した事で知られていて、細い鍼を痛くない様に工夫した日本人向けの鍼施術になっております。 現代ではこの日本式の鍼施術が世界的にも普及しているので、鍼の治療と聞くと細い鍼を連想する人も多いかもしれません。 ではその様な鍼施術に用いられる『鍼の種類』や『鍼の痛み』についても見ていくことにしましょう♪ ②:鍼の種類や太さ・痛みについて ②-1:鍼の種類 鍼の施術を受ける時は、もちろん鍼の種類も気になります。 現在、一般的に用いられているのは”ステンレス素材”の鍼です。 ステンレス鍼のメリットは「折れにくい・刺入しやすい・軽くて丈夫・高圧滅菌に耐える」などです。 また安価な為、ディスポーザブル(使い捨て鍼)ができるので、使い回しをする事がなく、感染症などの心配もなくなります。 他には、金鍼・銀鍼があります。 金鍼・・・酸化しにくく丈夫。柔軟性・弾力性に富んで刺入痛が少ない。高価。 銀鍼・・・刺入痛が少なく、人体組織への馴染みも良い。金鍼より安価。酸化し、黒く錆びやすい。 現在ではほとんどの鍼灸院や鍼灸師がステンレス素材の使い捨て鍼を使用しています。 しかし、昔ながらの鍼灸院や高齢の鍼灸師ですと未だに金鍼や銀鍼を使用しているところもあるそうです。 ②-2:鍼の太さ 一般的に鍼施術で用いられている鍼の太さは直径0.14mm~0.18mmの鍼を使う事が多く、施術の内容によっては、髪の毛と同じくらい細い鍼や、髪の毛よりも細い鍼もあります。 対する注射針の太さは約0.7mm~0.9mmなので、鍼施術に使われる鍼がどれだけ細いのかが想像できます。 その為、鍼の施術で体に鍼を刺しても痛みを感じる事がほとんど無いのです。 ただ、鍼の刺激として「響き(ひびき)」と言われる鍼独特の感覚があります。 「ズーン」と感じる響きは痛みとは違い、慣れてくると時には心地よく、気持ち良い刺激として感じる方がたくさんいらっしゃいます。 ②-3:鍼施術で痛みを感じるケースとは 私たち人間の皮膚上には「痛点」という痛みを感じる箇所がたくさんあります。 この痛点に鍼が刺さった場合「チクッ」とした痛みを感じる事があります。 ただ、この痛みにに関しても個人差があって、痛みを感じる人もいれば、全く痛みを感じない方もいます。 特に体が緊張してしまっていると、筋肉が硬くなりやすく、鍼を刺入した際に痛みを感じる事もあるので、施術の際はリラックスしていただける様に当院でも出来るだけの配慮を行っております。 ②-4:内出血について 鍼施術を行うにあたって皮膚に鍼を刺すわけですが、皮膚の下には無数の毛細血管があります。 この毛細血管を回避しながら鍼を刺入する事は基本的には不可能で、毛細血管に刺さる事ももちろんあります。 ただ、毛細血管に刺さり内出血を起こした場合でも、数週間もすれば皮膚下で溜まっていた血も吸収されますので、後に残る事はありませんのでご安心ください。

처음으로예약/문의
상위블로그